企業法務の仕事


企業法務の仕事内容について説明しています。

予防法務が必要

企業法務の仕事内容は、日々変化しています。今まで、企業法務の仕事内容は、一般的にトラブルが発生した場合にその解決のために行動するものでした。しかしながら、昨今はめまぐるしく会社活動の環境が変化しているため、未然に不祥事や法的トラブルを防止する予防法務が必要になってきています。さらに、経営のグローバル化が進行するにつれて、戦略法務という積極的に重要な経営上の意思決定に対して法的に関係する役目が要求されるようになってきました。仕事内容の具体的なものとしては、知的財産の活用や企業買収などがあります。このように、日々企業法務の仕事内容は幅広くなってきています。従来は、企業法務を総務部の中の課として設ける会社が多くありました。しかしながら、近年では法務部を独立して設ける会社も多くなってきています。 では、企業法務の仕事にはどのような人材が求められるのでしょうか?企業法務の仕事の場合には、法律知識を幅広く有しているだけでなく、自分の会社のビジネス、トレンド、業界特性などを十分に把握していることが要求されます。また、積極的にコミュニケーションを社内外と行なっていくことによって、ビジネスを推し進める立場として活躍することができることが必要でしょう。