企業法務の仕事


企業法務の仕事内容について説明しています。

多岐にわたっている

法務というのは、管理・事務系の職種です。法務の仕事は、法律関係の仕事であるため、どのような仕事をしているのかよく分からない、難しいのではないか、と思っている人も多くいるのではないでしょうか。ここでは、法務の中でも、企業法務の仕事内容についてご紹介しましょう。 企業法務の仕事内容は多岐にわたっています。企業法務の仕事内容は、法律関係の全ての会社活動に関係するものを把握して対応を適切に行うことです。そのため、多岐に法務の仕事内容はわたります。会社の業種・業界、規模などによって法務の仕事内容は違ってきますが、ここでは主なものについてご紹介しましょう。 企業法務の仕事の中において、契約・取引の法務が割合の最も大きなものを占めています。具体的な仕事としては、会社活動に関係する売買契約、業務委託契約、秘密保持契約などの契約書を確認する業務があります。契約は国内だけでなく、海外と行う場合の確認も担当します。会社活動を株式会社として行っていく場合に必要なものが、組織法務です。取締役会や株主総会のような定期的に開催されるものの運営だけでなく、株式に関係する分割や発行などの法的ないろいろな業務、定款の変更、グループ会社の設立などを担当します。